バージョンの「完了」とステータス「終了」

・バージョンが完了している=バージョンに属するチケットがすべて完了している
・バージョンが終了している=バージョンのステータスの項が「終了」になっている

バージョンに属するチケットがすべて完了になっている場合、バージョンが完了となる。
完了したバージョンはロードマップの初期表示およびチケット作成時のバージョン一覧には表示されない。

これとは別にバージョン自体にステータスが設定されている。
ステータスを「終了」にすると、やはりロードマップの初期表示およびチケット作成時のバージョン一覧には表示されない。

プロジェクト設定のバージョン一覧で「完了したバージョンを終了にする」を押すと、完了しているバージョンのステータスを「終了」に変更できる。